スマホで簡単にギャンブルできる?

テクノロジーの発展と成長は、あらゆる経済活動にプラスの影響を与えており、特にギャンブル業界に好影響を与えています。スマートフォンの登場によりプレイヤーは柔軟性を与えられ、ギャンブルはより良いものとなりました。従来の店舗型カジノは、実際に足を運んで賭けることで機能していましたが、今では状況は大きく変わっています。携帯電話やその他のデバイスのアプリを使えば、様々な方法で賭けをすることができるのです。特に、スマートフォンの技術は、ギャンブル業界を完全に変えてしまいました。

現在、オンラインギャンブルに関しては、モバイル分野が注目されているようです。昨年は、ギャンブル業界を含む多くの業界にとって厳しい年であったことは確かですが、オンライン分野はそれほど影響を受けませんでした。例えば、オンラインギャンブル業界は、モバイル技術のおかげにより、人々にとってより身近なものとなりました。

多くのオンラインカジノやモバイルカジノは、国内および海外の各種銀行や支払い方法を利用できるなど、様々な機能を備えています。オンラインカジノであれば、物理的に訪れる必要がないので、場所はほぼ関係ありません。

スマートフォンの定義とは?

今日の携帯電話は、より扱いやすく、小さく、かつ多機能になっています。

スマートフォンというのは基本的に、従来のパソコンの機能をすべて備えた、持ち運び可能なポケットコンピュータです。コミュニケーションに不可欠なツールであるため常に身につけておくものであり、非常に便利なデバイスです。

スマホでギャンブルが簡単に!

スマートフォンのおかげでカジノに行く時間を節約できるので、さらにギャンブルがしやすくなりました。また、オンラインギャンブルやベッティングができるウェブサイト数がどんどん増えることで、プレイヤーにとってはさらに選択肢が増え、毎日のようにスマホで見られるようになりました。

数字で見るモバイルギャンブルの存在感

 ギャンブル業界におけるスマートフォンの存在は大きく、数字を見れば一目瞭然です。モバイルギャンブル市場は、2025年末までに5,300万米ドルに達し、年平均成長率は10.7%と推定されています。「モバイルギャンブルの収益源の57.20%がEUだった」という記録から分かるように、2018年にモバイルギャンブル人気が顕著だったのはヨーロッパでした。

ここ数年では、スマートフォンは安価でありながら非常に高性能になっているため、スマホでギャンブルをするという状況が続くのはほぼ間違いないでしょう。つまり、オンラインベッティングが今後も拡大していくということです。

なお、スマートフォン・スマートデバイスのユーザー数は、来年までに38億人を超え、毎年約2億7千万人が新たに利用すると予測されています。

コロナ禍におけるギャンブル業界

昨年からのパンデミックは、ギャンブル業界を含むあらゆるビジネス分野のあり方を大きく変えました。人々は自宅で安全に過ごしたいと考えるようになり、従来のカジノ店舗には以前のようには足を運ばなくなり、大半の店舗が閉業または営業を停止しています。

この傾向は今後も変わらず、人々はオンラインでギャンブルを続けると予想されており、ギャンブル企業はこの状況や現状を認識し、事業方針やビジョンを次々と変更しています。ここでギャンブル企業が注目すべきは「モバイル市場」であり、新しいギャンブルアプリが続々と誕生しているのはそのためでしょう。